ページを選択

M&A

【個人M&Aで起業する?!】
個人M&Aについて
解説します

Yoshihide Saito, Tokyo

19 May. 2021

はじめに

こんにちは、ヒデヨシです!
記事をご覧いただき、ありがとうございます。

貴方は個人M&Aについて知っていますか?

基本的に従来のM&Aというのは、億単位や小さくても数千万単位のお金が動く取引が行われるものであり、会社を成長させるなどの企業活動の一環として行われるものです。

売り手にとっては事業の整理や、まとまった資金が得られると言ったメリットがありますが、買い手企業にとっては新たに事業を始めることなく売り手企業から事業を買収することにより、時間を買ったり、競争力を高めるといったメリットがあります。

近年では、後継者問題やM&Aプラットフォームなどの普及により、個人M&Aが盛んに行われている傾向にあります。

これから起業を考えている人は、個人M&Aを利用するのも選択肢の一つになるのではないでしょうか。

それでは、個人M&Aとは何か、個人M&Aのメリットなどについてご説明しましょう。

また、弊社にてプラットフォームのほか、M&A仲介・アドバイザー資金調達、事業計画策定新規事業の支援をしています。

また、経営者・起業準備中の方に向けた月額11,000円の創業当初でも活用しやすい顧問サービスも始めました。(自分も創業時に欲しかった。。。)

個人M&Aとは?

個人M&Aとは、個人が企業・事業を買収することをいいます。

M&Aは基本的に個人では手が出せないほどの高額なお金が動くものですが、中には少額でM&Aを行うスモールM&AやマイクロM&Aが盛んに行われている傾向にあります。

このスモールM&AやマイクロM&Aを利用して、事業ができた状態のものを買収することで、時間を買ったり、顧客開拓の手間やリスクを減らすことが目的です。

個人M&Aを行うことによって様々なメリットがありますが、0→1を行うのが難しくとも、既に形のあるものを引き継ぐことで、起業や独立が上手くいくケースもあるでしょう。

個人M&Aを活用して起業するメリット

個人M&Aを活用して起業するメリットは多くあります。

全くの0から始めることに比べ、時間やリスクを抑える手段として有効活用できますし、何より個人M&Aが手軽にできるようになっているのが起業を後押ししているとも言えるでしょう。

それでは、個人M&Aを活用して起業するメリットについてご説明しましょう。

○ 設備や人材を0から揃える必要性がない

個人M&Aをするということは、企業や事業を買収するということであるので、設備や人材をそのまま引き継ぐケースも多くあるでしょう。

もちろん交渉次第ではありますが、設備や人材を引き継ぐことができれば、最初から自分自身で設備や人材を揃える必要性が無くなるのが大きなポイントです。

事業内容によって違うものの、設備を揃えるのにかかる時間・費用はかなりのものでしょう。

また、人材を登用するといっても、事業内容に秀でたスキルや経験があるかどうかなどを見極めなければならないため、事業が開始されるまでかなりの手間や時間、費用などがかかってしまいます。

それに比べ、個人M&Aで設備も人材もそのまま引き継ぐことで費用や人材を揃える心配がない為、個人M&Aで起業する選択肢も十分にアリです。

○ 今後の見通しが立てやすい

個人M&Aによって事業を買収するということは、既に形になっている事業を買収することになるので、継続して売上が立っている、または、すぐにでも事業が開始できます。

一から事業を始める場合、最初に何からやればいいのか右も左も分からない状態で進めなければなりません。

まだ経営のノウハウもないのに、事業が軌道に乗るまで予想外のコストが発生するなど、上手くいかないことも多くあるでしょう。

しかし、個人M&Aで事業を買収することで、既存の事業がある為、今後何をやればいいのかがすぐに分かるのがポイントです。

今後の見通しが立てやすいので、これから何をすればいいのか計画が立てやすくなるでしょう。

○ 取引先や顧客がそのまま引き継げる

個人M&Aによって、取引先や顧客がそのまま引き継げるのが最大のメリットとも言えるでしょう。

起業したての時はなかなか取引先ができないケースも多くある上、顧客もなかなか定着しないなど様々な苦難に晒されることも少なくありません。

そして、ここが経営で一番難しいポイントとも言えるでしょう。

しかし、個人M&Aを活用すれば取引先や顧客がそのまま引き継げるので、事業を開始するのに必要な要素が揃った状態になれるのがポイントです。

ただし、株式譲渡でなく事業譲渡などの場合は、許認可の再取得の他、取引先とはそれぞれ個別に再契約する必要性があるため、許認可取得や取引先との交渉のコストや時間については注意する必要があります。

株式譲渡と事業譲渡の違いについてはコチラの記事で解説しています。

まとめ

個人M&Aによって起業するケースが近年盛んになってきており、手軽に事業を始める人向けの方法として注目されています。

既に整っている事業を買収することで、すぐにでも事業が始められるので、手間や時間をかけることがなく、また起業時のリスクを抑えることもできるでしょう。

これから起業をしようか検討している人は、是非とも個人M&Aを活用してみてはいかがでしょうか。

個人M&Aをする上で知っておきたいデメリットについては、コチラの記事で解説しています。

Bishでは、業界初のマッチングポイント制プラットフォームでマッチング機会の提供を行なっております。

相手方への交渉リクエスト送信時にマッチングポイント(ポイント単価:8,800円~)を使うのみ、登録無料、成約報酬等その他プラットフォームの利用料は一切かかりません。(相手方にリクエストが拒否された場合、ポイントは返還されます。)

また、M&A仲介・アドバイザー【FA】サービスでは、M&Aのプロセスを成功報酬のみでハンズオン支援いたします。

各種支援については、コチラよりお問い合わせいただけます。

ご質問・お問い合わせ
お待ちしております!

通常3営業日以内にお返事致します。

6 + 12 =

Bish株式会社

最新のお知らせ

ビジネス売買プラットフォーム「Bish」サービス開始しました

業界初(2021/3時点、当社調べ)のマッチングポイント事前購入型のビジネス売買プラットフォームのサービスを開始しました。実質マッチング費用8,800円(税込)〜のサービスで買い手の負担を軽減し、本気の交渉のみ売り手に届くのが長所のプラットフォームです。

著者について

Bish代表|ヒデヨシ

・M&Aマッチングサイト「Bish」運営 ・M&Aアドバイザー ・起業 新規事業支援【資金調達・コンサルティング】 ご興味ある方お気軽に連絡ください! 経歴:SBIホールディングス、LINE

返事を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です