ページを選択

M&A

【M&Aのメリットとは?】
様々なメリットについて
解説します

Yoshihide Saito, Tokyo

2 Apr. 2021

はじめに

こんにちは、ヒデヨシです!
記事をご覧いただき、ありがとうございます。

経営者の皆様、M&Aを有効活用していますか?

M&Aには様々なメリットがあるので、効率良く事業を拡大させたい時や自社の事業を潰したくない時などにM&Aを行う選択肢があります。

買い手にも売り手にも様々なメリットがあるため、どんなメリットがあるのか知っておきましょう。

弊社にて、スキルアップコースでのサービスを開始しましたので、もしご興味あればコチラよりご覧ください。

それでは、M&Aのメリットについてご説明します。

M&Aを行う買い手のメリット

買い手がM&Aを行うことによって得られるメリットは数多くあります。

事業を取り込むことによって少ないリスクで事業を拡大することができたり、事業を短い期間で成長させたりと、さらに業績を上げるためにできることがあるのがポイントです。

それでは、M&Aを行う買い手のメリットについてご説明しましょう。

低リスクで事業拡大ができる

M&Aによって企業を買収することにより、丸っきりの0ベースよりも低リスクで事業を拡大できるのが最大のメリットだと言えます。 最初から新規事業を始める場合、いかに新規事業を成功させるかどうか試行錯誤を繰り返さなければならず、そのためのお金と時間を必要とします。 しかもそこまでお金と時間をかけたにもかかわらず、新規事業が失敗する可能性があるので事業を拡大するには多大なリスクを背負うことになるでしょう。 しかし、M&Aによって事業を買収することにより、実績ある事業でスピーディーに事業拡大ができるのがポイントです。 既に事業として成り立っている企業を取り込むことができるので、低リスクで更なる事業拡大ができます。 もちろん買収する事業に関するノウハウなどが問われる上に失敗する可能性もゼロではありませんが、新規事業を立ち上げるよりも圧倒的に低いリスクなのは大きな魅力です。

ノウハウ獲得や技術向上に寄与する

M&Aによって企業を取り込むというのは、単に事業拡大ができるだけでなく、技術力や研究開発力を向上させることも可能です。 どんな企業であっても、新商品を開発してヒットさせるというのは考えている以上に難しいことです。 他社にはない新商品を開発しようとする場合、研究開発のために何年もかけることも少なくなく、せっかく開発してもヒットするかどうかは分かりません。 ヒットに成功したのもつかの間、新商品のライフサイクルは年々短くなっているので再び新商品を開発する必要性があるなど、さらなる技術向上や研究開発力が欠かせなくなります。 しかし、既に磨かれた技術力や研究開発力を持っている企業をM&Aで取り込むことにより、時間と手間をかけずに新商品を開発することができます。 一から商品を開発するよりもリスクが少ないのも大きなポイントです。

M&Aを行う売り手のメリット

M&Aは買い手だけでなく、売り手にもメリットがあります。自分の事業を手放すのは惜しいですが、それ以上にメリットがあるので、事業を手放す選択肢も十分に考えられます。

それでは、M&Aを行う売り手のメリットについてご説明しましょう。

事業が潰されない

一から新規事業を始めてこれから利益を生み出そうとしている時に、企業の業績が悪化して新規事業を取りやめざるを得ない状況になることもあります。 せっかく試行錯誤して起死回生となる事業を打ち出そうという時に業績悪化によって手放さなければならなくなるのはとても悔しいものです。 しかしM&Aであれば新規事業を潰さずに買い手企業によって利益をもたらすものになってくれます。 買い手企業は悪化した業績よりも、売り手の事業が将来的にいかにして自らに安定した利益を生み出すものなのかどうかを元に算定する傾向にあります。つまり、安定した利益を生み出す将来性が高い事業だと判断されれば、事業を潰さずに済むのです。

従業員の雇用が確保される可能性がある

必ずしも従業員の雇用状況が確保されるとは限りませんがM&Aによって売却することになっても交渉次第で従業員の雇用が継続される可能性があります。 企業の都合で事業を売却せざるを得なくなった場合、せめて路頭に迷わせたくないと思うのは当たり前のことですが、買い手企業が従業員の雇用を継続してくれるとは限りません。 そこで売り手企業は、売却する条件として従業員の雇用継続を保証すること、特定の事業の継続を保証することなど、絶対条件を申し出て交渉することが重要です。 買い手企業としては新しく取り込む事業のノウハウを持っている従業員の存在は無視できないため、交渉に応じてくれる可能性があるでしょう。 従業員の雇用が確保されれば、安心して買い手企業で働くことができます。

まとめ

M&Aはデメリットばかりではなく、メリットも多くあります。

買い手企業にとっては事業拡大や時間。手間をかけずに新商品が開発できるなど魅力的なメリットがありますが、売り手企業にとってもせっかく進めていた新規事業を潰さないでいられるのが大きなメリットです。

交渉次第では従業員の雇用も継続されるため、一方的に売却するわけではありません。

M&Aを行う時は、どんなメリットがあるのかチェックしましょう。

ご質問・お問い合わせ
お待ちしております!

通常3営業日以内にお返事致します。

8 + 8 =

Bish合同会社

最新のお知らせ

ビジネス売買プラットフォーム「Bish」サービス開始しました

業界初(2021/3時点、当社調べ)のマッチングポイント事前購入型のビジネス売買プラットフォームのサービスを開始しました。実質マッチング費用8,800円(税込)〜のサービスで買い手の負担を軽減し、本気の交渉のみ売り手に届くのが長所のプラットフォームです。

著者について

Bish代表|ヒデヨシ

・M&Aマッチングサイト「Bish」運営 ・M&Aアドバイザー ・起業 新規事業支援【資金調達・コンサルティング】 ご興味ある方お気軽に連絡ください! 経歴:SBIホールディングス、LINE

返事を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です